コールセンターや携帯電話販売のバイト・求人情報は人材派遣のコア・ポテンシャル

採用情報 先輩社員インタビュー

“失敗”は恐れず“成功”から学ぶこと。
そして、“記録”より“解釈”を
重視すること。
人材戦略部
チーフ
久保 陽子

仕事の内容

求人広告を担当しています。募集しているお仕事にマッチした人材を集めるために、どの求人媒体に出すのか、どのような内容で掲載するのか計画をたてます。募集広告代理店と打ち合わせをして、デザインや内容を決め、求人広告を掲載します。

自分で求人広告をイチから作成することもあります。掲載後は、求人広告の効果測定を行い、より効果的な求人のための分析も行います。他にも採用パンフレットや、チラシを作成することもあります。

また、新しいシステムの導入の検討なども行います。

入社理由

入社後は家電量販店での販売職を経験し、その後はキャリアコーディネーターや営業等にステップアップできるため、販売だけではなく、その後ステップアップがあることや、キャリアアップしても人と関わる仕事ができるところに魅力を感じました。

また、「失敗は挑戦の結果である」という考えがあるため、意見が言いやすく、チャレンジが奨励される社風にも魅力を感じました。

仕事のやりがい

営業やキャリアアドバイザーと比べると、直接スタッフさんにお会いする機会は少ないですが、求人広告をみて応募された方が、弊社でお仕事を始められ、実際に活躍されているお話を懇親会で直接お伺いすると、自分の仕事の実感を感じます。

印象に残っているエピソード

社内の表彰式でイノベーション部門の優秀賞を頂いたときです。事前に知らさせていなかったので、社員総会で名前を呼ばれたときは、とても驚きました。

失敗もたくさんありましたが、新しい求人手法を模索し、実際に成果を出せたことが評価されて、とても嬉しかったです。

ある1日のスケジュール

  • 出社
    1日のスケジュールを確認し、メールをチェックします。
  • 分析
    求人広告の前日までの結果を確認、統計を取ります。次回の広告掲載の案を練り、方針を決めます。
  • 打合せ
    広告代理店と打ち合わせをし、求人広告の打ち出し方を決めます。
  • プロジェクトの進行
    新しい施策やシステムの導入の検討、転職イベントの準備など
  • 広告会議
    営業部と募集している仕事と求人広告の内容の擦り合わせを行います。
  • 原稿作成
    広告会議で検討した内容を元に、実際に広告に反映させます。
  • 退社
    最後に明日の予定を確認し、本日の仕事は終了です。

一覧に戻る